古本屋の過去と現在

古本屋といえば、東京の神保町周辺が有名ですが、最近は港区や世田谷区、大田区などにも古本屋が増えているそうです。それに伴い古本買取も増え、各古本屋の品揃えが豊富になっていくという良い流れが出来つつあります。

戦後の古本買取を一言で表現すると「値上りの歴史」という言葉がふさわしいのではないでしょうか。言うまでもないことですが、古本を買い取り販売することで古本屋は利益をあげます。しかし、かつては古本を仕入れることができないことがありました。古本の市場を訪れると、自分の店で売った本と同程度のものが見つかり、値段を見たら自分が売った時の金額より高くなっているということもよくあったそうです。五千円でようやく売れた本なのに、次は五千円かそれ以上の値段でなければ仕入れることができなかったのです。

今ではこうした現象はほとんどないでしょう。むしろ掘り出し物が安く手に入ることもあると思います。ある古本屋では数万円という高額で売られていたのに、別の本屋では数千円程度で売られていたという話を聞いたことがあります。こういった本はコレクションとして自分の家の本棚に並べておくのもいいですし、別の古本屋に持ち込んで利益を得るのもよいでしょう。