古本屋での本の分類

図書館のような古本の分類の仕方は、本の貸し手と借り手が共通認識をもっている場合に成立することであり、古本屋はそうではないからです。古本屋に足を運ぶお客様の目的や意図は各々違います。そこに図書館のように一律のルールを敷くことはできませ ん。 古本屋がいちばん念頭に置かなければならないことは、商品のプレゼンテーションです。つまり、 お客様に本を買いたいと思っていただくことが最大の目的であって、これは図書館のような検索的な対応とは異なります。 とはいえ、本をディスプレーするにあたっては、ある程度の交通整理が必要です。

古本屋での本の分類” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です