これからの古書店を考える

どんな形態の古本屋を持つにしても、1番のポイントは価格競争に巻き込まれないようにすることです。専門店やセレクトショップは安い値段で古本を買い取るようなことをしてはいけません。それでも売れるのは、その古本になんらかの付加価値をつけているからです。一方、発見型総合古書店の売値は安いです。なぜなら、ここでは、最高値になる市場ではなく、一般のお客様からの仕入れを重視することで成り立っているからです。自分がどのような古本屋をやりたいのか、明確にビジョンを持つことも大切です。目標にしたい古本屋を見つけて真似してみるのもいいでしょう。経営をその古本屋はどのように成り立たせているのかという視点からじっくり観察してください。長く商売を続けている古本屋であれば、必ずどこかで利益を生むシステムがあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です