二つの販路を持つメリット

 インターネット上で検索した品物を店に直接、確認しにいくことができるのは、お客様にとっても大いに喜ばしいことでしょう。レア本や高価な本に関しては、直接手に取って確認してから購入したいと考える人が多いと思います。とくに古本のように状態が商品ごとに異なり、しかも高額なものとなると、通販で実物を確認せずに買うのはリスクがあります。予想と実物とがまったく別物ということもないとは言い切れません。お客様にもその点が最も気になるところだと思います。だからこそ、ネットと店頭売りの二刀流のメリットがあるのです。また、ネット上に自店の在庫のラインナップ情報を掲載することで、店に置いておいただけではお客様の目に止まりにくいだろう類いの本も、簡単に発見してもらえるようになり、それだけお客様がその本を手に取る機会が増えるというものです。このように、店頭売りとネット通販やウェプサイトなどによる販売をミックスし、多面的な売り場を展開することによって、売り方にも多様性を持たせやすくなります。

 低価格品は店頭で簡単に、中間価格帯のあまり珍しくないありふれた本は一般的なショッピングモールに最安値で出品し、高額品は自前のウェプサイトに写真付きで掲載して、同時に店頭で実際に手に取ってもらって対面販売できるようにするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です